認定資格について

当協会認定資格講座と開催形態について

当協会は、その目的を達成するために種々の認定資格講座を独自開発、または、他者(会員)と共同開発しています。加えて、他者が開発した講座を協会の目的に照らして厳正に審査をして、当協会認定講座としています。

【当協会認定資格講座の開催形態】
認定資格講座の開催には次のパターンがあります。

  1. 当協会が開発または認定した講座を、当協会が主催・実施
  2. 当協会が開発または認定した講座を、当協会が主催し会員(当協会認定講師)が実施

認定資格の取得について

当協会認定資格講座を修了した後、希望者に認定資格試験を実施します。認定資格試験は認定資格の種類やランクにより様々な形態がありますが、原則は講座で習得したことが実際にできたかどうかを判定します。

当協会が資格認定を行う理由は、認定資格を取得した方が誇りをもって、企業内で自主的かつ継続的に実践し、企業内講師やファシリテーターとなり、外部に頼りすぎることなく、自分たちの力で自社の社員教育や企業風土づくりを行っていくことを支援することにあります。

【関連】持ち味ファシリテーター講座
【関連】承認コミュニケーター講座
【関連】行動指針づくりアドバイザー講座

資格認定者の著作物使用権利について

各認定資格講座などで使用したテキストやワークシート、ワークショップなどの実施方法、認定資格名称・ロゴを、ビジネス(業)として利用する場合の使用権を定めています。

【関連】著作物使用権利について